EndlessShock

たまたま観ていたNHKで堂本光一の舞台の稽古の様子が流れていた。

彼は何年もエンドレスショックという舞台を続けている。

 

実は私は少年隊ファンだった。(というか今でも好きだが全くグループ活動をしていないので過去形)

少年隊は毎年夏に1か月、青山劇場でPLAYZONEという舞台を公演していたのだが、それを観るために田舎から毎週通っていた。私の青春そのものだ。いまでもひとつひとつの舞台を思い出すことが出来るし、舞台とともにその頃のことを思いだす。

OLの頃はボーナスをすべて使って毎週のように青山に行っていたし、結婚してからも主人との約束で最低でも年に1回はPZを観に行けた。

(23年のうち1回だけ、出産時期と重なりいけなかったけれど)

 

最初の6年くらいはバカみたいに何度も観に行っていたので、バックの子達の様子もすっかりおぼえてしまい応援するようになった。忍者・TOKIO・Jr時代のトニセン。

特に坂本・井ノ原・長野はデビュー後もゲスト扱いで5年くらい出演していたこともあり、私は今はV6のファンでもある。V6はデビュー当時から応援しているが、カミセンは5年目くらいまでは私の中ではおまけだった(笑)。今は6人揃って大好きだ。

・・もう、20年たったのね。早いなあ・・

 

プレゾンの中でも「MASK」が好きだった。日生劇場での再演も観に行った。

 

 

光一のSHOCKがEndlessSHOCKになり、もう何年も毎年チケット完売ってすごいことだと思う。同じ演目を少しづつ手直ししグレードを上げていっているのだろう。レベルが下がるどころか同じでもお客さんには飽きられてしまうだろうから。

 

最初、光一の舞台に東が出ていた時に、光一のファンに「SHOCKは光一君の舞台なんだから!PZとは別物なんだから!」などとネットで書かれていたのを読んで、盲目な光一ファンとは分かり合えないなと思った。

 

実際、ジャニーさん案の舞台である以上、どれだけグレードを上げても演出が光一中心になろうともジャニ舞台以外にはなれない。

悪い意味ではない。ジャニ舞台は立派なエンタメ。

だけど、光一はSHOCKの世界以外へはいけない。

実際、ここまで売れると毎年続けるしかない。光一はほかの舞台で武者修行できないのがかわいそうと思っていた。

 

でも、1500回を超える上演回数のこの舞台。ここまで極めたらもう他流試合みたいな他の舞台には出なくていい。NHKの番組で舞台の演出をしている彼を見て、このまま光一のエンドレスショックとして極め続けるのが正解だと思った。

 

一時、植草がエンドレスショックに出演していた時、オーナー役の彼が劇中にふざけたりするのが面白くないファンの人に結構ネットで叩かれているのをみて心が痛んだ。

少年隊ファンとして擁護すると、彼はPZでもコメディリリーフとして動いていたところもあったので、生の舞台を楽しくしようとしていたのだと思う。

前田美波里が骨折で急遽代役に立った時はかっちゃんありがとうという声も多くてホッとしたけど、植草じゃなく早く美波里さん帰ってきて!とか、本当のエンドレスショックがみたい!と書かれていたのは、マジでそんな言い方するなや・・とへこんだ。

私はヒガシファンだけど、植草も少年隊だから(笑)

 

そんなこんなで、光一は全く悪くないけど、ファンのせいでキンキが苦手になっていた。

光一もプロ意識の高い職人肌という私の好きなタイプの芸能人なのに、後ろに濃い盲目オタがみえる気がして嫌だった。

 

でも、今日のテレビ番組での光一をみてEndlessshock頑張ってほしいし、記録を作っていってほしいと思った。

頑張りすぎて、身体壊さないで。