読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

V6ファンになったのは

まずは自己紹介を。

 

V6ファンです。全員好きです。

ONEコンサートからの参戦なので純粋にV6ファン歴は15年かな。

 

ただ、ずっとトニセンは好きでした。

もともとは少年隊ファンですので、バックについていたイノッチや坂本君はJrの頃からみていました。

イノッチは少年隊コンサートのMCで、Jr紹介の時にかっちゃんに「お前なんか言えよ~」とひとりだけふられても臆さずに話していて舞台度胸がありました。ニッキに面白く突っ込まれてたりして少年隊に可愛がられているのを感じました。

坂本君は少年隊のディナーショーでバックについていたふたりのうちの一人で、ニッキに「ユタ州から来た坂本!」←ニッキのジョーク なんて紹介されてました。

細くて脚が長くて優雅な動きの坂本君。少年隊のバックについているのは厳選されたダンサーですし、少年隊ファンには坂本君は有名なシニアwでした。

 

そんな彼らがV6としてデビューして本当にうれしく思ってましたが、

剛健が正直いって苦手でした。生意気で・・

坂本君が剛健に反抗されてそうだし、ファンの子もトニセンを下にみている感じがしていたので、V6自体を応援する気にはなれませんでした。

 

少年隊のPZ(プレゾン)は毎年観に行っていました。

PZはアドリブが多くMCも楽しくカーテンコールでショーもあるので、何回観ても楽しかったです。


毎年PZだけはいかせてほしいという約束で結婚したため、少年隊最後のPZまで観劇することができました。

坂本君が骨折したPZでカミセンが出てきたときは、テレビとまた違ったその可愛さに驚愕し、このキラキラした華のある存在感なら多少の生意気さも仕方ないと脱帽したのを覚えています。

 

だんだんグループとしてまとまりもできてきて、剛健の生意気さだけでないものを感じられるようになり、V6が好きになっていきました。

やはり「学校へ行こう」の力は大きかったと思います。

いまでは剛も健も・・可愛くてしかたありません。髭面になってもねw

 

歳を取ると、時間の流れが速くなるのですね。

ついこの前10周年だったようなのに、もう20周年とか言ってます・・。 


ジャニーズも長くなると伝統芸能みたいなもので、

今は大人になってもある程度認められているような気がします。

 

たぶん、ずっとファンでいると思います。

いつまでもTVに出ていてほしい。そのためにも人気は継続してあってほしい。

で、自分にもできる布教活動の一環としてブログを立ち上げることにしました。

よろしくお願いします。